どうやったら成功できますか?

事業を継続していると、よく聞かれる質問です。

私は「あなたの成功とは一体なにを指しますか?」と決まって返します。

おそらく成功とは自分の理想である状態を指すのでしょう。

そういった意味で、お陰様で自分の年収は安定しており、やりたいことを十分に出来ている環境下にあります。

私は幼少期から発話障害でしたし、人と話すことは基本的に好きではありません。

流暢にトークを展開するような営業は、今でも得意ではありません。

そのような自分がなぜ成功パターンを掴んだか、共有したいと思います。

最初はみんな失敗を繰り返す

私は現在取り組んでいる営業代行で実績が出来上がるまで、3年間は掛かりました。

最初はなにをやっていいのか分からず、色んな成功者の話を聞いたりハウツー本を読み漁ったりしていました。

新しく得た知識をすぐ実践し、失敗を繰り返しながら、また実践をする。

「発話障害は言い訳だ!」と言い聞かせ、泥臭く地道ではありますが、契約件数を徐々に増やした経験が記憶に新しいです。

会社員時代どんなに優秀だったとしても、フリーランスに転身後、苦労せずに収入を増やした人はいません。

優秀な自分を宣伝してくれる看板が無いからです。

スキルを磨くことはもちろん、宣伝方法から知らなくてはなりません。

宣伝だけではなく、営業や契約、契約後のフォローも必須です。

どんな人もやったことがない事について、失敗と実践を繰り返し、小さな成功体験を積み重ねていくのです。

成果が出るまで没頭する

努力をしても売れない期間は必ずあります。

考え抜いた作戦を実践してみたところ、さまざまな欠陥が浮き彫りになり、失敗だけならまだしも自分の気持ちが折れてしまう、なんてことも日常茶飯事です。

スキルが高くてもメンタルが弱ければ長続きはしません。

私は何度も挫折を繰り返しました。

そのような時は能力もメンタルも強くはない自分を恨みながら、成功している姿だけを信じて打ち込みました。

大切なことは結果が出なくても諦めない気持ちです。

これから参入する事業が市場と合致しているのであれば、胸を張って没頭するべきです。

仕事の結果とは、すべてが今すぐに結果が出るものではありません。

周りの人が反対しようがマイナス発言をしようが関係ありません。

やりたいことに打ち込み、成功している姿をイメージし、成果が出るまで没頭することが大切なのです。

自分の成功パターンを掴むまで、自己研鑽を怠らない

本を読めば、自分の知らなかった知識や手法が頭に入ります。

頭に入った知識を実践し、積み重ねて自分のモノにします。

大切なことは、「モノの仕方」です。

言い換えると自分にあったやり方に変換する過程です。

変換するまでに、失敗と成功を繰り返し、研鑽されたものが自分のモノとなります。

成功パターンを掴むまで、最初はどうしても時間を費やさなければなりません。

とても辛く、苦しい期間です。

「何を目指す為に努力と苦労を重ねるのか」

常に自分に問い、日の目を見ない期間が続こうとも、根気と動機の深さが試されます。

私が安定して稼げるようになったのは、没頭し成功パターンを構築するまでやり続けたからです。

自分にとって「没頭」とは、取り組んでいることを好きになり、愛することだと思います。

ハウツーはやり続ければ嫌でもつきます。

これからフリーランスになる方は、とにかく「没頭する」ことを選択して欲しいと思います。

努力は裏切りません。

頭の良し悪し関係なく、必ず一定の成功は手に入れられると思います。

みなさんの「成功パターン」を掴む道のり、心から応援しております。