自由な生き方がうらやましい!

フリーランスをしていると、よく言われる言葉です。

自由ではあるものの、責任が自分ひとりに降りかかることもフリーランスの生き方です。

人のご縁で、完全歩合制の営業代行を選んではや20年。

一定の苦楽を体験した身として、会社員の方もぜひ知っていただきたいフリーランスの現実について共有したいと思います。

完全歩合制フリーランスの特性とは

完全歩合制の営業代行とは契約数と成果に応じて報酬をいただく方式を言います。

私の場合はB to Cの案件となるため、お客様は地域住民の方々です。

お客様との契約が成立すれば報酬を受け取ることができます。

逆に契約を取れなければ報酬は0です。

「そんなのつらい…」と思いがちですが、契約成立時の報酬が格段に高いのが完全歩合制の特色です。

月に最低4件の契約が成立すれば、1ヶ月間は暮らしていけます。

会社員の場合は営業が取れなくても会社が負担し、生活に困らないように最低賃金を払ってくれますが、フリーランスはそうではありません。

会社の後ろ盾が無いからこそ、跳ね返りとして報酬が高いのです。

まさに自分の能力が反映する生き方と言えるでしょう。

成功の秘訣は案件選びにある

よくフリーランスに転身して成功をする話を耳にします。

失敗する話も然りです。

「失敗と成功の差はなにか」を考えると能力もありますが、営業代行の場合は案件が大きく影響しています。

費用対効果が悪い案件に時間とエネルギーを注いでも、収入に結びつきません。

逆に費用対効果が良い案件に注力すれば、効率よく収入に結びつくことができます。

収入を取るか、時間を取るか、または仕事の楽しさを取るかは人それぞれ異なり、正解はありません。

「自分にとっての成功とはなにか」を考えた上で判断することが大切です。

フリーランスとは自己管理の総称である

フリーランスは案件や取引先を選ぶことを自分で最終決定します。

将来を見越して、どのようなスキルと人格を培うことが望ましいのかを判断するのも自分です。

今の取引先の将来を読んで、関わるべきか関わらないべきか、倒産になった時はどうするべきか、など良い面も悪い面も受け止めてリスク対策を講じるのも自分次第です。

決定権は自分であり、責任の矛先は常に自分です。

収入面も社会に必要とされなければ収入は減り、人に感謝され必要とされれば自ずと収入は上がります。

自分で蒔いた種が顕著に現れる生き方がフリーランスなのです。

フリーランスとは手段であり、決して目的ではありません。

将来実現したい夢や達成したい目標の中間地点に立っているのであれば、会社員も正解です。

一つの生き方にこだわらず、器を大きく広げていきたいものです。

フリーランス転身を考えている方や、現役フリーランスの方に役立つ情報を今後も書いていきます。